あくび光の光とあくび

あくびコミュニケーションズのサービス「あくび光」についてと光とあくびについてのブログ。

光コラボ事業者「株式会社Hi-Bit」の行政指導(警告)の件

2015年12月7日、光コラボ事業者の「Hi-Bit」に総務省から是正措置等を求める行政指導(警告)がありました。

f:id:akubihikari:20170629151140p:plain

www.ntt-east.co.jp

 

f:id:akubihikari:20170629151251p:plain

www.soumu.go.jp



これは「光ギガ」というという光コラボサービスについてのものです。
光ギガ公式 | 株式会社Hi-Bit (ハイビット)
https://hikarigiga.jp/

f:id:akubihikari:20170629151335p:plain

Hi-Bit社の営業代理店が電話勧誘にて不適切な勧誘を行ったというのが原因です。

2015年12月4日にお客様へのお詫びと報告があり

2015.12.04
当社サービスの販売勧誘方法に関する総務省からの行政指導について

2015年12月8日にサービス停止の説明がありました。

 

2015.12.08
Hi-Bitからお客様へ

 

2015年12月29日に総務省に改善報告書を提出しました。

 

2015.12.29

hikarigiga.jp

そして2016年3月3日に受理されました。

hikarigiga.jp



現在はご覧の通り、問題なく「光ギガ」は営業しているようです。

 

 

 

光コラボの契約(転用)するとプロバイダはどうなる?違約金は?

f:id:akubihikari:20170529131435j:plain

もしフレッツ光から光コラボのサービスに変える(転用する)とした場合、
現在契約しているプロバイダはどうなるのでしょうか?

まず、これは大変注意が必要です。
プロバイダによって様々ですが、ご契約内容によっては【違約金】が発生してしまうこともあります。
また、プロバイダの変更は自動的に行われる訳ではありません。
必ずご自分で現在のプロバイダの解約をして、さらに新しいプロバイダへの契約をしなければなりません。
もし現在のプロバイダの解約をしなかった場合、月額費用を請求され続けてしまいますので十分ご注意ください。
まずは
▼現在のプロバイダの契約内容を確認する(契約期間や違約金、解約手続きなど)
▼現在のプロバイダを解約する
▼新しいプロバイダと契約する
となります。

光コラボの契約(転用)での注意点「転用承諾番号」

f:id:akubihikari:20170529131435j:plain

 

もし「フレッツ光」から「あくび光」に変えたいと思った方がいらっしゃったら。。。。
それは「転用のお手続き」となります。
その際に最も注意しなければならないのが「転用承諾番号」です。
光コラボレーションに転用する場合には「転用承諾番号」ガ必要です。
「転用承諾番号」という番号をNTTから取得します。
そして「転用承諾番号」の注意点は「本人」でないといけないということです。

NTTからの「転用承諾番号」の受け取りはこちらに詳しくあります。

flets-w.com

フレッツ光」から「あくび光」に転用の場合は、
まずお電話やインターネットの申し込みフォームで「あくび光」に申し込みます。
次にアクビコミュニケーシヨンズの担当者から「転用承諾番号」取得のサポートをしてくれるという事です。
わからない方は聞いてみると良いでしょう。

akubi-communications.com

光コラボの契約(転用)手続き「転用」とは

f:id:akubihikari:20170529131435j:plain

光コラボレーションモデルの契約手続きについては
フレッツ光」のサイトに「転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)」
というものがあります。

▼「転用」とは
さて、それでは転用というものはどういう意味なのでしょうか?
例えばユーザーが現在フレッツ光を使っているとします。
しかし。「光コラボ」で様々な会社がサービスを提供しています。(あくび光など。。)
各光コラボサービスをユーザーが見て、料金プランやらオプションサービスなどで、
フレッツ光から別の光コラボに変えたい、となった場合、契約先を「NTT」から
「光コラボ事業者」に変えることをいいます。

あくびコミュニケーションズ株式会社で言えば
NTTのフレッツ光からあくびコミュニケーションズ株式会社のあくび光に変えることです。

 

光コラボレーション(転用)の手続きとは?

f:id:akubihikari:20170529131435j:plain

あくび光は「光コラボレーションモデル」です。
「光コラボレーションモデル」は略して「光コラボ」です。
そして「光コラボレーションモデル」は「転用」という言い方もしますね。

まず、事業者がNTT東日本に「フレッツ光」の提供を受けます。
これで事業者は「光コラボレーション事業者」となり、ユーザーに提供できます。
ユーザー(お客様)が、今までの回線から「光コラボレーションモデル」の回線に契約を変更することを「転用」と言います。

光コラボレーション事業者は、NTT東日本から「フレッツ光」を使用させて貰いつつ、自社のサービスや料金でユーザーに販売します。
これにより「光コラボレーション事業者のサービス」それぞれに違いが出てきます。

あくび光はあくび光ならではの料金体系やサービスとなります。

あくび光の光の速さ

f:id:akubihikari:20170529131435j:plain

光の速さ、つまり「光速」は、光が伝わる速さのことです。
調べたら

光速度 =299 792 458 m / s』
という計算式が出ました。
これは光が1秒間に約30万km進むと言うことになります。
たった1秒に30万kmもの長い距離を進むなんて凄いですね。

一番最初に光の速さを測ったのは1676年だそうです。
レーマーという人が測って、秒速が約22万kmという結果でした。
そんな大昔に判明していたとは、物凄いことです。

あくび光の回線は光回線です。
とてつもない速さで、データがインターネットを移動しているんですね。

あくび会社

f:id:akubihikari:20170509140414p:plain

 

あくびというのは、会社で眠くなった時に出る、というのが定番ですね。
会社で、特に午後、昼ごはんを食べて眠くなりあくびをする。そして上司に注意される。。
よくある会社の風景です。

あくび光も、光コラボ、インターネットの定番となるくらい、多くの家庭や会社に普及するといいですね。

あくびコミュニケーションズの「あくび」は「明来光」という意味ですが、
あくび光への思いは様々です。

あくびは脳を活性化させる為の現象なので、あくびをして気分を切り替えて仕事をがんばる。
そう考えると、あくびをするのも良いじゃないですか!
と思えてくるものです。